予約なしで治療してもらう時の配慮

まずはかかりつけの歯医者さんに相談する

突発的に発生したトラブルの種類が治療中の歯に関すること、もしくは、治療した後の歯に関することであれば、かかりつけの歯医者さんにまずは相談するようにしましょう。
かかりつけ歯科医さんはこれまでの治療履歴を把握しており、同時に患者さんのことを一番わかっている歯医者さんでもあります。
そのため、的確な処置をしてもらいやすいのです。
また、予約が無かったとしても、歯科医さんと顔見知りであれば、何とか時間の調整を付けてもらいやすいことが予想できます。
もし、かかりつけの歯医者さんがない場合は、診療時間が長めに設定されている医院に電話をしてみましょう。
また、患者さんは夜間帯に集中していることが多いです。
そのため、日中であれば時間をとってもらいやすい可能性があります。
いずれの場合でも、冷静に現在の状況を伝えることが大切です。

普段利用していない歯医者さんにお願いする

突然の痛みなどでやむを得ず当日診察をお願いする際は、症状が緊急であることをしっかりと伝え、的確な指示を仰ぐようにしましょう。
その際は、いつ頃から症状が出ているのか、どの場所なのか、どのようなタイミングで傷むのか、腫れたり出血したりしているのか、といったポイントをしっかりと伝えることが大切です。
その情報をもとに、歯医者さんの方で処置にどれくらいの時間を必要とするか、今すぐ処置が必要なのかどうか、といったことを判断します。
しっかりポイントを伝えることによって、担当する歯科医さんが状況を把握しやすくなり、的確な指示を出すことができるのです。
昨今は、新型コロナウィルス感染対策として、「密」を避けることも重視されています。
焦って歯医者に押しかけたりせず、冷静に歯医者さんの指示に従うようにしましょう。