急なトラブルに対する歯医者さんの対応

基本的には予約が必要

内科の病院であれば、診察をしてそのあとに処方された薬を服用するという治療が一般的です。
そのため、特殊な状況でもない限りは短期間の診察ですむ上、複雑な工程は必要とされません。
しかし、歯医者さんの場合は、毎回歯を削ったり、薬を詰め替えたりと、場合ごとに異なる何かしらの作業が伴います。
しかも、どれも非常に繊細な作業となるのです。
また、医院に所属している歯科医師や歯科衛生士も限られた人数のため、1回に受け入れることのできる患者さんの数も少人数であるところがほとんどです。
個々の患者さんにしっかりと向き合い、しっかりと治療を行うためには手間と時間が必要になります。
さらに治療自体も、1回で終わることは少なく、継続した治療になることがほとんどです。
そのため、歯医者さんは予約制を導入しているのが一般的で、できるだけ、患者さんを待たせないように配慮しているのです。

予約しないで来院することは可能?

予約制を導入している歯医者さんが多い中、予約なしで治療をしてもらうことは可能なのでしょうか?
結論から言うと、緊急時であれば「可能」です。
もちろん、可能な限り避けなければなりません。
注意しなければならないのは、あらかじめ予約している患者さんが優先であることです。
治療を受け付けてもらえたとしても、予約の合間、あるいは、予想以上に治療が早く終わった場合の隙間時間を利用しての診察になります。
当然、普通に予約している場合よりも待たされる可能性が高い、ということを十分に理解しておく必要があります。
予約なしでも受けてもらえる可能性は高いですが、来院する際には、受け入れ可能かどうかを電話等であらかじめ確認しておくようにしましょう。
大きな大学病院などは、来院患者数も多いため、予約なしでの患者だけ診察する当番医を置いている場合もあります。